不動産鑑定士の大切な役割

不動産鑑定士の大切な役割

不動産鑑定士の大切な役割

私たちの生活に欠かすことはできない不動産について、土地の所有者が勝手に価格を決めていると思っている人はいませんか?そんな事はありません。国が定める一定の基準に合わせて決められています。そういう価格を決めたりする専門家がいることは知っていますか?鑑定士として存在します。その鑑定士は国家資格となっており簡単に誰でもなれるものではありません。

この役割はかなり重要なものなので簡単に取得できる資格ではなく、平成25年の合格率は12%程でした。また、男女比率は男性が7割、女性が3割と男性の多い職となります。年齢としては若者の少ない事からだいたい平均37歳くらいです。やはり収入が良く、月収平均が45万円程で、年収にすると600万円を超えてくるくらいなので最近の職種の中では良いです。勿論それだけ貴重な資格なので勉強が必要です。

あとは、不動産鑑定士協会から就職の斡旋はおこなっていないので自分自身で就職活動をすることが必要なので、自分のやる気がかなり重要とされる仕事です。しかし、重要な仕事なので挫けずにめげずに頑張ってほしいです。本屋へ行くと専門の本なども販売されているのでそういうのを参考にするといいでしょう。様々な不動産が適切な方法と価格で売買されるよう鑑定士の方には頑張ってほしいです。

住まいでも話題のこのネタ、以下のWEBサイトでチェック



Copyright(c) 2016 不動産鑑定士の大切な役割 All Rights Reserved.